社会人になって車を所持してからラーメンの食べ歩きにハマってしまった

私は現在44歳の男性会社員ですが、20年前からラーメンの食べ歩きにハマっています。

学生時代、親から夕食代をもらって外食することが多かったので飲食店に行くことは元々多かったんです。

しかし学生時代って行動範囲って限られてます。

すぐ近所は行き尽くしてしまったんですよね。

でも社会人となって車をゲットすると、働いてるのでお金はある、車持ちなので行動範囲は広くなり今まで行ったことのないお店にもいけるようになりました。

私なりに学生時代色んなお店で食べてきたという経験もありますし、このお店は普段利用してるお店と比べてどうなのか?

美味しくても値段を考えるとコスパはどうか?

といったことを考えるようになり、こういうデータ収集系の事が好きな私はラーメンの食べ歩きにハマリました。

 

色々経験した中で変わったお店だなって思ったのはイノシシの肉をチャーシューに使ったラーメン店です。

ラーメン自体は普通のしゅうゆ系のラーメンなんですが、チャーシューがものすごいボリュームなんです。

昔のアニメで原始肉ってよく登場しますよね。

厚めで輪切りにしたマンモスの骨つきにくをガブリ、子供の頃に原始肉をを食べてるシーンを見て私もこんな肉を食べてみたいと思ったのです。

 

この夢を実現させてくれたのがイノシシチャーシューメンでした。

ラーメンを注文したのに、厨房から肉を焼くような香ばしい香りがするんです。

そして提供されたラーメンの上には分厚い厚切りのイノシシ肉チャーシューがドーンと乗っかってました。

やっぱりラーメン食べ歩きは至福の時です。

 

一枚しかありませんでしたが、ものすごく分厚く、昔のテレビアニメでみた厚切りマンモス肉そのものでしたね。

焼け目もついていて、チャーシューというよりステーキみたいな感じなんです。

しかも一枚だというのにラーメン鉢からはみ出そうなぐらいのボリューム、これにはビックリしました。

イノシシの肉なので豚肉より少し臭みを感じましたが、これが食欲をそそりました。

 

このお店を知ってからラーメン食べ歩きにますますハマってしまい、現在も趣味としてラーメンの食べ歩きをしてます。